渡辺恒雄(ナベツネ)が死去し、死因は骨折?資産や息子・妻の経歴や笹川財団との関係は?


https://www.asagei.com/excerpt/66180

皆さんこんにちは!

今回はプロ野球界のドンであり、
株式会社読売新聞社社長、球団オーナー、株式会社読売ジャイアンツ取締役最高顧問、
社団法人日本新聞協会会長などを歴任し、
株式会社読売新聞グループ本社代表取締役主筆を務める渡辺恒雄(ナベツネ)さんが、
死去されたとの情報がネット上を賑わしていますので
その真相について探っていきたいと思います。

渡辺恒雄(ナベツネ)さんと言えば、
自らを「俺は最後の独裁者」と語り、
メディアでも「球界の独裁者」、「独裁者」等とと呼ばれていますが、
渡辺恒雄(ナベツネ)さん自身もそれらを認めています。

スポンサーリンク


渡辺恒雄(ナベツネ)の家族やプロフィール


https://twitter.com/hashtag/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E6%…

名前:渡辺恒雄

生年月日:1926年5月30日(92歳)

出身地:東京府豊多摩郡(現:東京都杉並区)

趣味:哲学書を読む

親・姉弟:父・平吉、母・花、五人の姉弟(渡辺恒雄さんは三番目で長男)

妻・子供:妻・篤子、息子・睦

渡辺恒雄(ナベツネ)の学歴


http://blog.livedoor.jp/rock1963roll/archives/4726…

渡辺恒雄(ナベツネ)さんの学歴
焦点を当てていきたいと思います。

・開成中学校
・東京高等学校
・東京帝国大学文学部哲学科
・東京帝国大学新聞研究所

現在では名前が変わっており、
・開成中学校→開成高校
・東京高等学校→(現:東京大学・東京大学教育学部附属中等教育学校)
・東京帝国大学文学部哲学科→東京大学文学部哲学科

となっています。

開成中学在学中は、軍国主義を吹聴する校長や教職員を襲撃して殴り、
勤労動員された航空機の工場では、
不良品を作り抵抗していたようです。

また、東京帝国大学在学中の1945年12月に
日本共産党に入党を申し込むと、
日本青年共産同盟の同盟員として
ビラ貼りや演説会の勧誘など下積みのような活動を経験していたようです。

その後、正式な党員として認められ、
東大学生細胞(共産党が地域・職場などに設けた末端組織の旧称)に所属し、
他大学でも演説を行い党員を増やしたが、
1947年12月、自ら離党届を提出し、
結果的に離党ではなく除名されました。

現在では、渡辺恒雄(ナベツネ)を批判する日本共産党も、
渡辺恒雄(ナベツネ)さんが入党していた事があることは認めており、
氏家とともに母校である東京高校学校へオルグに行った際に、
インターハイを目指す後輩の野球部員達に対して
「野球なんてくだらないものをする時ではない!」と共産党への入党を勧めていました。

大学卒業後は、
読売新聞社に次席で入社して記者になり、
政治部の記者として、『週刊読売』
を担当したようです。

]因みに、もともとは朝日新聞に入りたかったらしく、
週刊朝日のインタビューで「朝日新聞社に入社したかったが採用試験で不採用になった」と語られています。

読売新聞に入社後の経歴は以下の通りです↓↓↓
1977年:編集局総務(局長待遇)就任
1991年:読売新聞社社長、横綱審議委員
1996年:巨人のオーナー
1999年:日本新聞協会会長
2003年:日本新聞協会会長を任期満了で退任
2004年:巨人オーナー辞任
2005年:読売新聞グループ本社会長
2005年:巨人取締役会長
2014年:読売巨人軍取締役最高顧問
2016年:巨人取締役最高顧問を辞任。
2016年:読売新聞グループ本社会長を退任
2016年:読売新聞グループ本社代表取締役主筆

渡辺恒雄(ナベツネ)の死因は?


https://www.iza.ne.jp/kiji/sports/photos/160312/sp…

渡辺恒雄(ナベツネ)さんの死去されたとネット上を賑わしていますが、
その死因については、
今のところまだハッキリとはしません。

しかし2018年8月中旬に
自宅で転倒して頸椎の一部を骨折して、
入院していることが分かっていますが、
一般病棟で治療を受けながら、
業務書類に目を通すなど
順調に回復しているとコメントを出しています。

この骨折が原因で亡くなられたかどうかは分かりませんが
年齢の事を考えるとその可能性も否定はできませんよね。

スポンサーリンク


渡辺恒雄(ナベツネ)の資産はどのくらい?


https://mikano-kaiji.com/jitugyouka/3594/

多くの方が気になるであろう渡辺恒雄(ナベツネ)さんの資産について、
探っていきたいと思います。

2006年頃に日本テレビ放送網第二位株主が渡辺恒雄(ナベツネ)さんで、
一説に資産は260億といわれたことがあるようですが、
ハッキリしたことは分かりませんでした。

また渡辺恒雄(ナベツネ)さんの父親も不動産を所持していたようで、
それなりの資産を持っていたと思われますし、
その資産すべてを渡辺恒雄(ナベツネ)さんが引き継いだとも言われています。

スポンサーリンク


渡辺恒雄(ナベツネ)と笹川財団との関係は?


https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/03/2…

渡辺恒雄(ナベツネ)さんを調べていると、
笹川財団というワードと共に
検索されていることが分かりました。

詳しく調べていくと、
どうやら渡辺恒雄(ナベツネ)さんの事ではなく、
渡部恒雄さんという一文字違いの方であり、
この方は笹川平和財団特任研究員という職を経て、
上席研究員(元東京財団上席研究員)になった方のようです。

従って、渡辺恒雄(ナベツネ)さんとは
何の関係もないことが分かりました。

渡辺恒雄(ナベツネ)の妻や息子について


https://matome.naver.jp/odai/2133804436758322801/2…

渡辺恒雄(ナベツネ)さんの息子について、
探っていきたいと思います。

妻は元モデル・女優の渡辺篤子さんと言う方で、
1955年(昭和30年)5月に結婚されているようですが、
認知症を患った後の2017年10月20日に
肝硬変のため死去し、
葬儀は近親者で営まれ、
喪主は夫の渡辺恒雄(ナベツネ)さんが努めたようです。

また、渡辺恒雄(ナベツネ)さんが自伝で、
「妻が事故により認知症になった今でも、出かけるときはキスを忘れない。
長い夫婦生活で妻は空気のような存在になっていたが、
認知症の発症により自分が面倒を見なければならなくなり、
妻が愛おしくなった」と語られているようです。

次に息子についてですが、
渡辺恒雄(ナベツネ)さんは息子の事には殆ど触れずにいますので、
詳細は分かりませんでしたが、
名前は『睦(むつみ)』というようで、
三井住友銀行の専務を務められているようです。

渡辺恒雄(ナベツネ)さんは家庭教師を何人も雇い、
自ら参考書を選んで教えるなど
教育熱心だったそうです。

渡辺睦さんの学歴は以下の通りです。
・番町中学校
・中央大学付属高校
・青山学院大学

慶応あたりに通われていたのかなと思っていましたが、
以外にも青学なんですね。

スポンサーリンク


まとめ


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports…

今回はプロ野球界のドンであり、
株式会社読売新聞社社長、球団オーナー、株式会社読売ジャイアンツ取締役最高顧問、
社団法人日本新聞協会会長などを歴任し、
株式会社読売新聞グループ本社代表取締役主筆を務める渡辺恒雄(ナベツネ)さんについて、
色々と探ってきましたが如何でしたでしょうか?

死去されたという情報が出回っていますが
今のところ公式発表がありませんので
真相は分かりません。

また、渡辺恒雄(ナベツネ)さんが愛妻家であり、
熱心な教育パパであったことには少々驚きましたが、
根は優しい方なのかもしれませんよね。

様々な噂や憶測が出回っていますが、
立場を考えたら強がらなければならなかったのかもしれませんよね。

渡辺恒雄(ナベツネ)さんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする