本田美奈子の死相や彼氏は諸星和己?クイーン・ブライアンメイや福山雅治との関係は?


https://twitter.com/minakomuseum

皆さんこんにちは!

今回はアイドル・歌手・ミュージカルなどで活躍された本田美奈子さんについて、
色々と探っていきたいと思います。

本田美奈子さんは1983年に初めて原宿を訪れた時に
芸能プロダクションからスカウトを受けて
芸能界入りを果たし、
1985年に「殺意のバカンス」でアイドル歌手としてデビューしました。

翌1986年2月にリリースした「1986年のマリリン」では
過激かつ激しいパフォーマンスが話題となり、
歴史に残る大ヒットを記録しました。

1990年にはミュージカル『ミス・サイゴン』のオーディションを受け、
約1万5000人の中からヒロインのキム役に選ばれ、
1992年(平成4年)5月5日『ミス・サイゴン』日本初演を果たすと、
そこから一年半にも及ぶロング公演を果たし、
本田美奈子さんの歌唱力、演技力が高く評価され、
1992年度第30回ゴールデン・アロー賞演劇新人賞を受賞しました。

その後もミュージカル女優として活躍し、
・『屋根の上のバイオリン弾き』
・『王様と私』
・『レ・ミゼラブル』
・『ひめゆり』

等に出演するなど、
ミュージカル女優としての地位を築いていきました。

2000年代に入ると、
ソプラノ的な歌唱法でクラシックの曲に
日本語の歌詞を付けて歌うという
新たなスタイルで活動の幅を広げていきました。

しかし非常に残念なことに
2005年11月6日午前4時38分に
家族に見守る中、この世を去りました。

スポンサーリンク


本田美奈子のプロフィール


https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/ne…

本名:工藤美奈子

芸名:本田美奈子

生年月日:1967年7月31日

出身地:東京都葛飾区

死没:2005年11月6日(38歳没)東京都港区

最終学歴:堀越高等学校卒業

ジャンル:アイドル歌謡曲、J-POP、ミュージカル、声楽曲、クラシカル・クロスオーバー

職業:歌手、女優

活動期間:1985年 – 2005年

レーベル:東芝EMI、マーキュリー・ミュージックエンタテインメント、
     バンダイ・ミュージックエンタテインメント、マーベラスエンターテイメント、
     コロムビアミュージックエンタテインメント

事務所:ボンド企画(1983年 – 1992年)、
    トリプルA(旧社名:スリーA、1992年 – 1996年)、
    BMI(1996年 – 2005年)

本田美奈子の死相や死因は?


http://bikiniclinic.net/venus/honda_minako/2010/05…

本田美奈子さんは2004年末頃から風によく似た症状が続き、
翌2005年1月12日に急性骨髄性白血病と診断されましたが、
この時既に脊髄の約80%が
癌に侵されていたようです。

2度に渡る化学療法や臍帯血移植を受けましたが寛解には至らず、
その後、肺への合併症から様態が急変し、
同年11月6日午前4時38分に白血病で
38歳という若さで死去されました。

まだまだこれからの活躍が期待されていただけに
本田美奈子さんの死には
多くの方がショックを受けていました。

しかし、晩年の本田美奈子さんに死相が出ていたと、
一部で話題となっていたようです。

実は本田美奈子さんは2004年12月に
改名をされています。

改名はデビュー時から使用してきた『本田美奈子』から、
名前の最後にドットを付けて『本田美奈子.』にしました。

これが体調を崩して風邪に似た症状が続いた
2004年の12月(翌月に白血病と診断)の出来事ですので
この改名が死相と関係があるのではないかと話題になっているようです。

しかし何故、2004年12月に突然
ドットを付けるだけの改名を行ったのでしょうか?

非常に疑問ですよね。

詳しく調べると、
当時人気があった占い師・細木数子の助言により、
改名したようです。

内容は『あんた地獄に落ちるわよ』、『死相が出ている』等と言って、
開運のために本田美奈子さんに改名するよう助言したようで、
その助言を聞き入れた本田美奈子さんは改名しましたが、
約1か月後に急性骨髄性白血病が判明しました。

おそらくこの出来事がキッカケで
『本田美奈子 死相』と検索されたようです。

スポンサーリンク


本田美奈子の彼氏はジャニーズ!?


https://www.pinterest.com/pin/789396640912941454/

本田美奈子さんの彼氏についてですが、
アイドル時代から元光GENJIの諸星和己さんと
付き合っては別れるというのを繰り返していたようです。

もともと子供が大好きな本田美奈子さんには
結婚願望があったようですが、
諸星和己さんの度重なる女性問題により、
次第に結婚願望も薄れ、
最後には「私は歌と結婚した」と言って、
事実上の障害独身宣言をされていました。

また一部では諸星和己さんと同じく
元ジャニーズの中村繁之さんが
彼氏ではないかと噂になっていましたが、
これは単に病室にお見舞いに来ただけであり、
交際の事実は無いようです。

スポンサーリンク


本田美奈子とクイーンのブライアンメイとの関係は?


https://mazekiji.net/post-4459/

本田美奈子さんを調べていくと
イギリスの世界的ロックバンドのギタリストで有名なブライアンメイさんとの
意外な接点が噂されています。

1985年に武道館でライブを行った本田美奈子さんですが、
この時の1曲目にクイーンの「I was born to love you」を披露し、
その音源をレコード会社を通じてブライアンメイに送り、
その歌唱力に感銘しプロデュースしたいと手紙を送ったそうです。


http://takaoy1.blog.fc2.com/blog-entry-298.html?sp

その後、クイーンのライブに招待され楽屋を訪れ、
1986年にはブライアンメイにより、
「CRAZY NIGHTS」、「GOLDEN DAYS」の2曲をレコーディングし、
翌1987年4月に日本語盤、5月に英語盤をリリースしました。

また1986年9月にはクイーンのジョン・ディーコンが作曲した
「ルーレット」が収録されていました。

スポンサーリンク


本田美奈子と福山雅治との関係は?


https://matome.naver.jp/odai/2139606969652395001/2…

本田美奈子さんを調べていくと
俳優でありミュージシャンでもある福山雅治さんと共に
検索されていることが分かりました。

更に詳しく調べていくと、
病室でデビュー20周年を迎えていた本田美奈子さんを励まそうと、
アルバムで編曲を担当した井上鑑さんが企画を練り、
復帰第1作目の楽曲をプレゼントし、
その曲を当時、福山雅治さんのライブツアーに参加しており、
そのバンドメンバーの協力を得てデモDVDを作成し、
デビュー当時からファンだったという福山雅治さんの歌唱によるもので、
そのDVDを見た時に本田美奈子さんは
驚いて涙を流しながら世論でいたようです。

また、この曲は本田美奈子さんが作詞を担当する為、
福山雅治さんは「ラララ」で歌唱していました。

因みにこの楽曲は本田美奈子さんの1周忌にあたる2007年11月に
井上鑑さんが率いるINOUE AKIRA&M.I.H.BAND”によって
『wish』というタイトルでリリースされました。

まとめ


https://www.websta.org/tag/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E7%9…

今回はアイドル・歌手・ミュージカルなどで活躍された本田美奈子さんについて、
色々と探ってきましたが如何でしたでしょうか?

2005年に38歳という若さで白血病により
この世を去ってしまった本田美奈子さんですが、
その歌唱力は元アイドルとは思えない程であり、
クイーンのブライアンメイを魅了するほどでした。

アイドル・女優・ミュージカル女優・クラシックなど
多岐に渡って活躍され、
今もなお愛され続けている歌声は
何年たっても色褪せることなく
語り継がれていくと思われます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする