【阪神】矢野監督が9回一挙4点でサヨナラ逆転勝ちに涙!大山がサヨナラヒット!ルーキー佐藤輝明も勝利に繋がる代打安打!

2021年7月12日に甲子園球場で行われた阪神VS横浜DeNA戦で
阪神が3点ビハインドの9回裏に
スタメンを外れたルーキーの佐藤輝明の代打安打など、
5連打でサヨナラ勝ちを決めました!

矢野監督涙のサヨナラ勝ち!

1アウトから7番梅野がライト前ヒット。
続くルーキーの中野はライトフライに倒れましたが、
9番の及川の場面でピンチヒッターは、
この日スタメンを外れたルーキーの佐藤輝明が
ショートの逆を突いてセンター前ヒット。

トップに戻って近本はバットの先ではありましたが、
レフト前へのタイムリーヒットを放ち、
2番の糸原が高めを叩いてセカンドの左を
ライナーで抜けるセンター前タイムリーを放つと、
3番のマルテもセンター前へのタイムリーで同点に追いつく。

そして不調の4番大山がショートの右をライナーで抜けるセンター前への
サヨナラヒットで4対3の大逆転勝利となりました。

スポンサーリンク


矢野監督の涙の訳は?

阪神ファンからすると、
この日4打数ノーヒットだった不振の大山選手の
サヨナラ安打は嬉しかったのではないでしょうか?

また、最近はチーム自体も不振が続き、
なかなか勝てない中、
神宮球場で行われたヤクルト戦で
サイン盗み疑惑などもあり、
負の連鎖が続いていました。

そんな中で久々のサヨナラ勝ちだったので、
矢野監督も嬉しかったんだと思います。

矢野監督の涙!サヨナラ打の大山ヒーローインタビュー

久々の逆転勝利を収めた阪神タイガースですが、
やはり4番バッターの大山選手が活躍すると
盛り上がりますよね。

大山選手のヒーローインタビューをまとめました。
↓↓↓

大山の一問一答は以下の通り。

 -今の気持ちは。

 「ホントにうれしいです」

 -ファンの拍手は。

 「すごく届いていたので、ありがとうございます」

 -九回、3点差あった。みんながつないでくれた。どんな気持ちで打席に?

 「もう打つだけでしたし、今日の勝利はチーム一丸で勝ち取った勝利だと思います」

 -初球を狙った。

 「もう打つしか無いと思っていたので、とにかく振っていこうと思って打席に入りました」

 -それまで無安打。悔しい思いも。

 「悔しい思いもありましたし、個人的にモヤモヤした思いもありましたけど、まだ試合が終わっていなかったですし、打つしかないと思って打席に入りました」

 -中前に抜けた瞬間は。

 「勝ったなと、良かったです」

 -ナインから祝福の嵐。

 「気持ち良かったです」

 -4番の仕事をした。

 「大事なところで打てていないと分かっていたので、最後、大事なところで打てて良かったです」

 -チームにとっても大きな1勝。

 「大きな1勝だと思います。苦しい試合が続いてたので、これで流れが変わるように、明日からしっかりやっていきます」

 -ファンへ

 「大事な2試合だと思っているので、チーム一丸となって頑張っていきます」

矢野監督の涙!

中5日で先発した青柳が7回4安打3失点(自責1)と好投しておきながら
勝ち星が付かなかったことは残念ですが、
1アウトランナー無しから3点差を逆転する5連打には
驚きましたし、何より甲子園は大騒ぎでした。

9回に3番手で登板して無失点に抑えた及川が中継ぎで
今季2勝目を挙げたのも何だか運を持っているような気がしますし、
何より試合が無かった2位の巨人とのゲーム差を「2」に広げたのは、
タイガースファンにとっては何より
喜ばしい事ではないでしょうか。

勝利インタビューでの矢野監督は
目に涙を浮かべ、言葉を詰まらせながら
「全員の気持ちだと思います」
「ベンチでも全員諦めることなくやっていた」
等と選手を称えていました。

チームが苦しい中、
矢野監督はチームの指揮を執る立場なので
相当苦しかったんだと思います。

何だか心が打たれましたが、
気を抜かずに優勝目指して頑張ってほしいところです。

スポンサーリンク