イギリスの高層マンションで大規模火災 原因は?

イギリスの高層マンションで大規模火災


http://www.the-miyanichi.co.jp/news/Main/201706140…

6月14日未明にイギリス・ロンドン西部のホワイトシティーにある

「グレンフェルタワー」の27階建ての高層マンションで

大規模火災があり多くの人が逃げ遅れているようです。

火災が起きたのは深夜(日本時間の14日午前9時すぎ)で、

火はあっという間にマンションを包み、

目撃者は「こんな火は見たことが無い」とコメントしました。

現時点では原因不明ですが

1974年に建てられた高層マンションは、

最近改装されたようです。

<スポンサーリンク>



イギリスBBCによると、

「建物には人が取り残されている可能性もあり、

タワーの屋上で懐中電灯を振っているような光も見える」

との目撃情報も伝えられているようです。

また命からがら火災が起こったマンションから逃げ出すことができた男性が

英スカイニュースの取材に応じ、

「寝る準備をしていたとき、隣人が(異変を知らせに)ドアをノックした」

と話し、「携帯電話は内部に取り残された人から着信がある」

とコメントを残し、まだ多くの住民が脱出できないようです。

その他では

CNNの取材で「飛び降りた人が複数いる」や

イギリスのBBCでは「上層階でトーチのようなものを

点滅させている人を見た。明らかに外部に脱出することはできなかった」と

伝え、AFP通信では救急当局者が「市内五つの病院に30人を搬送した」

とコメントしました。

多くの人が救急隊の手当てを受けているようですが、

多くの住民が逃げ遅れて助けを求めています。

しかし火が強くて消防隊員も近づけないようで、

消防士約200人、消防車両40台が出動しているようですが、

救助も消火活動もままならない状態のようです。

今のところ日本人が巻き込まれたという情報はありませんが

多くの方が甚大な被害を受け死者も出ているようなので非常に心配です。

遠い国で起こっている火災ではありますが

一人でも多くの人の無事を日本から願いたいと思います。

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする