新妻聖子が結婚して新妻に!相手は誰?

新妻聖子が結婚


http://spot-top.com/?p=2444

6月15日にミュージカル女優の新妻聖子さんが

所属事務所を通して結婚を発表し、

名前通りの「新妻」となりました。

新妻聖子さんは「私事ではございますが、かねてよりお付き合いをしておりました

会社員の方と、先日入籍致しました事をご報告させて頂きます」

「お互いの家族を交えたあたたかい時間を共有していくなかで、

とても自然な流れで結婚となりました」とし、

「新妻聖子がついに『新妻』になりました!」とコメントを残し、

「今後も歌に芝居に、より一層の精進を重ねて参る所存です」と締めました。

新妻聖子さんは今年1月に30代一般男性との交際が報道されましたが、

報道陣からの「年内に『新妻』になる予定は」と聞かれ、

「どうですかね」と答えていました。

<スポンサーリンク>



<相手は誰?>

気になる結婚相手なんですが

残念なことに「共通の友人の紹介で知り合った30代の会社員男性」としか

情報がありませんでした。

新妻聖子さんの経歴とプロフィールを以下ウィキペディアより引用させて頂きました。

<経歴>

父親の仕事の都合で、11歳から約7年間タイで過ごす。

バンコクのインターナショナルスクールを卒業した後、上智大学法学部国際関

係法学科に入学。

2002年、大学在学中に「王様のブランチ」(TBS)でブランチリポーターと

して芸能界デビューし、

1年半レポーターとして出演。

この時、同時期にテレビ朝日のアナウンサー試験を受けており最終選考まで

残っていたが、悩んだ末にブランチリポーターを選択しています。

2003年、ミュージカル「レ・ミゼラブル」にオーディションでエポニーヌ役

に大抜擢され、初舞台を踏む。

以降「ミス・サイゴン」にもキム役で出演するなど、主にミュージカルを主軸

として活動している。

2006年7月19日、NHK朝の連続テレビ小説『純情きらり』の挿入歌(この場

合は番組オープニングテーマ曲に歌詞をつけている)

「夢の翼」でCDデビューも果たす。

また、2010年には映画『アンダンテ 〜稲の旋律〜』に主演。

主題歌「アンダンテ」の作詞も担当し、

作曲は実姉であるシンガソングライターの新妻由佳子が担当した。

2017年 6月15日にかねてより 交際して居た一般男性と入籍した事を所属事

務所のFAXを通じて発表された。

<プロフィール>

1980年10月8日

出生地 愛知県稲沢市

身長 156 cm

血液型 AB型

ジャンル 女優・歌手テレビドラマ・舞台 ・ミュージカル

活動期間 2002年 –

著名な家族 新妻由佳子(姉)

事務所 プロダクション尾木

<受賞>

2005年 第31回菊田一夫演劇賞受賞(「21C:マドモアゼル・モーツァルト」

モーツァルト 役 / 「サド侯爵夫人」ルネ 役)

2006年 第61回文化庁芸術祭演劇部門新人賞受賞(「マリー・アントワネット」

マルグリット・アルノー 役)

2016年 第7回岩谷時子賞奨励賞受賞

<スポンサーリンク>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする