藤原竜也の嫁は誰?出会いや写真・子供についても調査!

俳優 藤原竜也の原動力


出典http://www.oricon.co.jp/news/confidence/85095/full…

俳優の藤原竜也さんが役者としての原動力について語りました。

藤原竜也さんは1997年にデビューして以降、

数々のヒット作に出演されています。

そんな人気俳優の藤原竜也ですが

最近の出演作は依然と違って

正反対の役を演じることが増えてきました。

例えば、先日公開された映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』で、

時効を迎えた連続殺人事件の殺人犯として、世間を驚かせる曾根崎雅人を演じたり、

『カイジ』シリーズや『藁の楯 わらのたて』など、

ギャンブラーや殺人犯などの役が続き、

自ら「クズの役しかこなくなった」と発言していました。

そんな「クズ役」が続いたことについて、

「そういうタイミングだったのでしょう。でも僕にとってそれはどうってことないです。

もちろん、またかよ! なんて思いません!」と発言されていました。

映画やドラマは大雑把にいうと「ヒーローと悪者」といった構成が多いと思いますし、

また「ヒーローが主役」で「悪者が脇役」というのが相場で決まっています。

勿論、程度の差や例外も存在しますが、

多くの作品が上記のように対立構造を意図的に作るのがセオリーとなっているようです。

ですので「ヒーロー」側を演じることが華であり、

「悪役」を演じることはマイナスのイメージを持たれてしまう可能性もあります。

しかし、多くの役者や監督は「悪役を演じるのは難しい」と話します。

理由は「悪役」の演技が下手だったら、

迫力や威圧感などが無く、「ヒーロー役」の演技が映えないため、

非常に高い演技力が求められる役柄であると言えます。

藤原竜也さんの「迫真の演技」は誰もが認める名演技ですので、

製作者側が、難しい悪役を藤原竜也さんに託した理由は納得できます。

<スポンサーリンク>



藤原竜也さんの嫁は誰?>

藤原竜也さんは2013年4月に結婚されています。

知人の紹介で2004年の夏に知り合い、9年の交際を経て結婚されました。

気になる結婚相手の女性ですが

当時の結婚会見で「4歳年上の姉さん女房」「謙虚な優しい方」

「小動物系でミーアキャットのような小柄な女性」とおっしゃっていました。

またネットの情報によると結婚相手は元ホステスだそうです。

因みに名前は発表されていません。

嫁の写真は?>

結婚相手の画像や写真は、相手が一般人ということなので

ハッキリとしたものは存在しません。

ネットで検索したところ、顔は見えませんが藤原さんと下を向いて歩いている写真が

1枚だけ見つかりましたので以下に載せたいと思います。


出典http://buzz-press.com/fujiwaratatsuya-marriage-183…

子供は?>

2016年6月に第1子が誕生していますが、

誕生日・性別・名前は一切公表されていません。

勿論、写真などもありませんでした。

藤原竜也 経歴

1997年、蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』主役オーディションで

グランプリを獲得し俳優デビューする。

バービカン・センター(ロンドン)での公演にて、

「15歳で初舞台とは思えぬ存在感で天才新人現る」と絶賛され、

翌年の凱旋公演も行われた。

2000年、映画『バトル・ロワイアル』の主演に抜擢された。

2001年、新・星の金貨で連続ドラマで初主演を務める。(星野真里とのW主演)

2003年、日本演劇史上最年少21歳でタイトル・ロールを演じた舞台

『ハムレット』で、主な演劇賞を総嘗めにした。

2004年、『新選組!』でNHK大河ドラマ初出演。

2005年、リンカーン・センター(ニューヨーク)にて舞台

『近代能楽集〜弱法師〜』の俊徳役を演じ、

「NYタイムズ」でも評価を受けた。

2007年2月から6月まで仕事を一時休業し、ロンドンに留学した。

帰国後、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの

グレゴリー・ドーラン演出の舞台『ヴェニスの商人』に出演。

2008年、ジョン・F・ケネディ・センターに於ける

『身毒丸』ワシントンD.C.公演にて、

2002年のファイナル公演以来6年ぶりに身毒丸役を演じ、

「ワシントン・ポスト」などの地元各紙で高い評価を受けた。

2009年、井上ひさし作、蜷川幸雄演出による舞台『ムサシ』で宮本武蔵役。

2010年、舞台『ANJIN イングリッシュ・サムライ』で

台詞の7割が英語の宣教師役。

バービカン・センター(ロンドン)、リンカーン・センター(ニューヨーク)

で舞台『ムサシ』を再演した。

9年ぶりに連続ドラマ『おじいちゃんは25歳』の主演を務める。

2011年、ドラマ『遺恨あり 明治十三年 最後の仇討』で臼井六郎を演じ、

第37回放送文化基金賞演技賞を受賞。

2013年5月、一般女性との年内結婚を発表。

2014年、日本テレビ系ドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル』で

13年ぶりにゴールデン・プライム帯の連続ドラマ主演を務める。

2015年、2003年に自身がタイトルロールを演じ、

数々の演劇賞を受賞した舞台『ハムレット』で

12年ぶりに再びハムレット役を演じる。

2016年6月、第1子の誕生を報告。

藤原竜也 プロフィール

本名 藤原 竜也

生年月日 1982年5月15日

出生地 埼玉県秩父市

身長 178 cm

血液型 A型

ジャンル 俳優 舞台・映画・テレビドラマ

活動期間 1997年 –

配偶者 既婚

事務所 ホリプロ

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする