社会人野球の選手の給料や待遇は?

社会人野球 選手の給料は?


http://jaba.or.jp/taikai/2005/toshitaikou/index.ht…

現在東京ドームで都市対抗野球大会が行われていますが、

社会人野球の選手の給料はどうなっているのでしょうか?

社会人野球って何?

給料の話をする前に、そもそも『社会人野球って何?』と

思われている方も多いと思いますので

簡単に説明させてもらいます。

社会人野球は『企業チーム』と『クラブチーム』で構成されています。

企業チームは会社の野球部であり、

その会社に勤めている人たちで構成され、

会社のバックアップを受けて活動しています。

従って社名をチーム名として活動しています。

次にクラブチームは会社ではなく野球チームだけが単体で存在し、

選手もそれぞれ違う職場や環境で仕事などをしています。

従って、チームメイトで協力し合って運営する、同好会的なスタイルで活動しています。

社会人野球 選手の給料

個人のアスリートは企業とスポンサー契約を結びますが

野球は団体競技ですし、

しかも『三菱自動車岡崎』や『鷺宮製作所』のように

社名を背負っての活動になります。

従って所属している会社から給料をもらっているわけですが、

一体どのくらいの給料をもらっているのでしょうか?

非常に気になるところです。

結論から言いますと一般の正社員と同じ給料となります。

会社によって、業種によって多少の差はあるでしょうが

基本的に初任給は20万ほどになりますが、

社会人野球における企業チームは大手企業が殆どですので

給料・手当・ボーナスなどはしっかりと貰えます。

また試合の結果によって、

手当やボーナスなどが支給される企業もあります。

スポンサーリンク


社会人野球 選手の仕事は?

一つ気になることは

社会人野球の選手の業務形態です。

会社へは野球で入社していますので

基本的には野球中心の生活になります。

しかし野球一本ではなく一般業務、つまり仕事もします。

ではどのような形で仕事をしているのでしょうか?

もちろん会社によって違うんですが

多くの企業が『午前中に仕事』『午後から野球』というような感じです。

シーズン中は遠征や試合がありますので

野球が中心となりますが

シーズンオフになると就業時間が増える会社もあります。

しかし近年、企業の業績悪化により企業チームの野球部廃部が相次ぎ、

現存するチームも仕事が中心となり

中々野球に集中できない環境へと変わりつつあります。

今から14,5年前の話ですがカラオケを中心とした飲食店事業で有名な「シダックス」に

ヤクルト、阪神で監督を務めた野村克也がGM兼監督に就任しました。

ここの野球部は会社へは一切出勤せず野球だけをやっていれば

給料がもらえるという選手にとっては何とも好都合な会社でしたが

業績悪化のため、10年ほど前に廃部となりました。

メリット

プロ野球でも同じことが言えますが、

選手名鑑を見ると出身校『〇〇高校』『〇〇大学』となっていますが

そのほとんどがスポーツ推薦によるものであり

勉強などしていません。

従って学歴や学力が無くても野球が上手ければ

大手企業に就職できるというメリットがあります。

デメリット

仕事をする上で学歴はそれほど大事ではありませんが

最低限の基礎学力は必要となります。

しかしプロを目指し野球ばかりをしてきた人の多くは

野球に全身全霊を傾け、勉強などほとんどしてきていませんので

学力はお世辞でも「普通」とも言えないレベルです。

日本では正社員を簡単にクビにできませんので

引退後も会社に残ることはできますが

野球ばかりで勉強も仕事も疎かにしてきているので

仕事に付いていけず、退社してしまう人も数多く存在します。

スポンサーリンク


社会人野球の未来

企業チームは全盛期237チームありましたが

90年代以降、不景気の煽りを受け

経費削減のために野球部が次々と廃部に追いやられています。

現在は何とか維持しているようですが

全盛期に比べておよそ4分の1までに減っています。

社会人野球はアマチュア野球の最高峰ですので

非常にレベルが高く、技術的には殆どプロとの差はありません。

魅力一杯の社会人野球ですので

昔のように活気を取り戻してほしいですし、

それは景気の好転に掛かっているということにもなります。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする