野々すみ花の結婚相手や逮捕の真相は?本名やプロフィールも調査!


http://taomatomeblog.com/%E4%BF%B3%E5%84%AA%EF%BC%…

今回は元宝塚歌劇団宙組トップ娘役で現在女優として活躍されている野々すみ花さんについて、
色々と探って行きたいと思います。

野々すみ花さんは、小学校低学年の時に
テレビで見た宝塚歌劇で、トップ娘役の花總まりさんが
大階段から大きな羽根を背負って下りてきて、
手を開く姿を目にした瞬間に「私はここに行く」
タカラジェンヌを目指すようになったそうです。

その夢を果たすために高校1年修了時に超難関とされる宝塚音楽学校を受験し、
何と一発で合格し、2003年に宝塚音楽学校に第91期生として入学しました。

野々すみ花のプロフィール(本名)


http://www.umegei.com/system/productions/detail/15

芸名:野々すみ花

本名:上田澄佳

生年月日:1987年2月27日

出身地:京都府久世郡久御山町

身長:161cm

血液型:O型

ジャンル:女優、舞台・テレビドラマ

活動期間:2005年 –

活動内容:2005年:宝塚歌劇団入団、花組配属、2009年:宙組異動、トップ娘役就任、2012年:宝塚歌劇団退団

所属劇団:宝塚歌劇団(2005年 – 2012年)

事務所:梅田芸術劇場

スポンサーリンク


野々すみ花の経歴

宝塚歌劇団時代

2005年、宝塚歌劇団入団。花組公演『マラケシュ・紅の墓標 / エンター・ザ・レビュー』で初舞台。
その後、花組に配属。
同年11月に『落陽のパレルモ』で主人公の少年時代役に抜擢される。

2007年、宝塚歌劇を題材にしたテレビドラマ『すみれの花咲く頃』(NHK BShi)に
音楽学校生役で同期の白姫あかりとともに出演。

同年の『明智小五郎の事件簿―黒蜥蜴』で
早苗・早苗に変装した緑川・早苗の替え玉:桜山葉子の3役をこなし、
同新人公演では初ヒロインを務めた。

6月には、バウホール公演『舞姫-MAIHIME-』で
初ヒロインとなるエリス役を演じる。

同作は翌年に東京で再演された。

2009年2月27日、宙組トップスターに就任が決定した
大空祐飛の相手役としてトップ娘役に内定。

6月16日付で宙組へ異動、7月6日付で宙組トップ娘役に就任。

お披露目公演は『大江山花伝-燃えつきてこそ- / Apasionado!!II』、
宝塚大劇場お披露目公演は『カサブランカ』。

また、同年7月から池田銀行の新イメージガールを
陽月華から引き継いで務める。

イメージガールとしては9代目、
娘役トップ(イメージガール在任中に娘役トップに就任したケースを含む)の起用は5人目となる。

2010年5月から同行は泉州銀行を吸収して池田泉州銀行となったが、
イメージガールの制度を継承したため、
池田泉州銀行のイメージガールとしては初代となった。

ダンス、芝居、歌の三拍子を兼ね備えた実力派の娘役で、
卓越した演技力から「宝塚の北島マヤ」とも称されたが、
大空祐飛の退団発表に伴って退団を決意、
わずか8年の在団で2012年7月1日の『華やかなりし日々 / クライマックス』の
東京宝塚劇場公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団した。

野々すみ花の結婚相手は誰?


http://nonogatari.jugem.jp/

野々すみ花さんは、自身の31歳の誕生日である2018年2月27日に、
結婚したことを
自身のブログで発表しました。

元宝塚歌劇団宙組トップ娘役ということもあって話題となりましたが、
ブログ内で相手については一切触れられていないため、
ファンの間でも『結婚相手は誰?』と話題になっていました。

結婚相手が芸能人やスポーツ選手であれば、
マスコミが報道するでしょうし、
その前に熱愛報道やデート目撃情報などがあったと思います。

しかし野々すみ花さんにはそのような報道や情報はありませんでしたので、
ほぼ間違いなく『結婚相手は一般人』と判断して間違いないと思われます。

宝塚歌劇団出身ということもあり、
恋愛については非常に厳しかったと思いますので
過去に浮いた話などは一切なく、
また結婚相手とも秘密裏に?交際してきたと思われます。

因みにネット上では共演歴がある、
ジャニーズのKis-My-Ft2のメンバーである北山宏光さんや、
現在、未成年との淫行・飲酒が報じられ謹慎中の俳優小出恵介さんと交際していたのではないかと噂されていましたが、
熱愛報道や目撃情報なども無く、
単に過去にドラマで共演したことがあるだけなので、
この情報は噂や憶測であってデマあることが分かりました。

スポンサーリンク


野々すみ花が逮捕!?


http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=20090…

野々すみ花さんを調べていくと、
何故か逮捕というキーワードが挙がってます。

過去に逮捕されたことがあるのかと驚きましたが
結論から言うと・・・違いました。(あ~良かった)

では一体どういうことなのか詳しく調べると、
過去に私服警官らしき人物?に電車内で声をかけられたことを
ブログに書いた事がキッカケで逮捕と噂されてしまったようです。

そのブログの内容を紹介したいと思います。↓↓↓

電車の中。

私は隅の席でひとり黙って本を読んでいる。

いきなり、
一人の男が目の前に現れた。

そしてポケットからおもむろに何かを取り出した。

———-警察手帳だ。

ドラマでよく見る

「警察だ。」

と言ってパカっと見せるあれ。

金色のギラギラしたものが重そうに張り付いているし、
本人の顔写真もある。

そんなものをこちらに向けられた経験なんて今までない。

一瞬にして、心臓が凍りつく。

男は私服警官らしく、
黒いシャツとズボンを履いているが、
中に防弾チョッキでも装着しているのか、
どことなく身体がボコボコしている。

寒気がしてきた。

ただ寒いのではない。

気色悪い吐きそうな寒気だ。

私が何かしたか。

その警官、
次にトランシーバーで隣の車両の警官と何か話し始めた。

どこかの交番の名前をあげ、
そこに部隊を送り込むように要請をしている。

詳しいことは聞き取れない。

いや、
その車両に乗っている人全員に聞こえるような声ではあったのだけれど、
こちらは心臓が凍りついているものだから、
うまく言葉が耳に入ってこないのだ。

隣の車両の警官との通信が終わると、
次はうろうろと歩きながら、
反対側の車両にいる警官であろう人物とアイコンタクトを取り始めた。

これは3両がかりの逮捕劇か。

ただ事ではない。

私の凍った心臓が口から出そうだ。

警官が私を見る。

なぜだ。
何もした覚えはない。

いつもと変わったことといえば、
誕生日に友人からもらった黒いショルダーバックを大事に抱えているだけだ。

爆弾なんて入れてない。

周りの人の反応は?

誰も彼を見ていない。

あ、そうか、
私は驚きすぎて警官を凝視しているから目が合うのか。

本の続きを読もう。

ダメだ。

顔は本に向いているけど、
目は警官を追っている。

ダメだ、ダメだ。
困ったぞ。

そんなことを考えているうちに電車は駅に到着した。

ここで私は降りる。

早く扉よ開いておくれ。
ダッシュで逃れよう。

さっとホームへ降りようとすると、
なんと警官も一緒になって降りるではないか!

あぁもうダメだ。

・・・・・と思った瞬間、
男は走り去って行った。

瞬く間に姿を消したのだ。

なんだったのか。

腰が抜けそうになりながらも呆然と立ち尽くしていると、
近くに座っていた女性に声をかけられた。

「恐ろしいわね。」

「はい、びっくりしました・・・」

「だいいち本物の警官かどうかもわからないしね」

「あ・・・確かに。」

「少し距離をとって歩きましょう。

あなた若いんだから、
狙われたりしたら大変よ。」

私はその見ず知らずの女性の後ろをぴったりとくっついて歩いた。

改札口に着くと、
お互いそっと会釈して、別れた。

私の心臓はしだいに息を吹き返してきた。

この親切な女性がいなかったらどうなっていたことか。

たった今目の前で信じ難いことが起こったけれども、
他人を気遣ってくださるその女性の残像や余韻が、
私の心を満たしている。

強く逞しく、美しかった。

ひとくちに「人間」といえども、
いろいろな人が共存している。

自分には、
それを受けとめ認める強さがあるか。

しなやかに生きてゆく逞しさがあるか。

人の気持ちに寄り添える美しさがあるか。

まだまだ。まだまだ。
一生勉強。

う~ん何とも不思議ですね。

不審者なのか、それとも捜査中の私服警官だったのかは分かりませんが、
野々すみ花さんは相当不安な思いをされたと思います。

しかしこのことをブログに綴ったことにより、
野々すみ花=逮捕と検索されてしまったんだと思います。

因みに言うまでもなく野々すみ花さんは
実際には逮捕されていません。

スポンサーリンク


まとめ


http://nonosumika.com/gallery/

今回は元宝塚歌劇団でタカラジェンヌとして活躍されていた野々すみ花さんについて
色々と探ってきました。

自身の31歳の誕生日に結婚されましたが、
結婚相手については言及されていませんでした。

しかし、ほぼ間違いなく一般人だと思われますので、
ネット上で噂になっていた北山宏光さんや小出恵介さんらとの
交際についてはデマであり、
事実とは異なることが分かりました。

また野々すみ花 逮捕とネットで検索されていましたが、
これは電車内で私服警官に声をかけられたことをブログに綴ったことにより、
野々すみ花=逮捕と検索されてしまっただけで、
実際は逮捕されていません。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする