ダノンプレミアムが次走回避!挫跖とは?強すぎは血統が凄いから?馬主や価格についても調査。


http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=130651

4月15日に中山競馬場で行われる、
クラシック三冠レースの初戦、
皐月賞G1が行われますが、
ここまで4戦4勝しているダノンプレミアムが、
右前脚の挫跖による調整不足から、
出走回避することが分かりました。

そこまで重傷ではないので、
5月27日に行われる日本ダービーを目標に
調整していくようです。

挫跖って何?

スポンサーリンク


ダノンプレミアム挫跖皐月賞G1を回避することとなりましたが、
そもそもが挫跖とは一体何なんでしょうか???

調べてみるとどうやら競馬用語であり、
一般的には使用されない怪我名らしいですが、
詳しいことは以下をご覧ください↓↓↓

走行中に後肢の蹄の先端を前肢の蹄底にぶつけた時、
あるいは石などの硬いものを踏んだ時などに、
蹄底におきる炎症(内出血)をいう。

肢勢の悪い馬、蹄底の浅い馬、
時として踏み込みの良い馬に発症しやすい。

一般に前蹄に多く発症し、蹄に熱をもち、
重度の跛行を呈することもある。

ダノンプレミアムの強すぎる血統は?


http://number.bunshun.jp/articles/-/829518

ダノンプレミアムは現在4戦4勝し、
サウジアラビアRC(G3)では
東京1600mを1分33秒0のレコード勝ち!

これは同じコースで行われるG1安田記念の勝ちタイムより
1秒以上速いタイムです。

また続く朝日杯FS(G1)では、
2歳馬唯一のG1ということもあって、
クラシック戦線を目指す良血良馬が多数出走するレースでありますが、
ここでもダノンプレミアムは勝ちタイム1分33秒3で、
朝日杯FSのレコードタイムで勝利を収めました。

年が明けて今年初戦となった弥生賞G2では
好位追走から横綱相撲で押し切り快勝し、
皐月賞G1最有力候補となっていました。

ダノンプレミアムの血統や価格など


https://www.daily.co.jp/horse/horsecheck/2017/12/1…

・父:ディープインパクト
・母:インディアナギャル

・馬主:ダノックス
・生産者:ケイアイファーム
・産地:新ひだか町
・獲得賞金:1億6,651万円 (中央)
・通算成績:4戦4勝 [4-0-0-0]
・主な勝鞍:17’朝日杯フューチュリティS(G1)
・近親馬:ロードプレミアム、ロードグランツ

ダノンプレミアムの父親は、
数々の名馬を輩出し、言わずと知れた名馬であるディープインパクトです。

しかし母親はインディアナギャルという外国産馬であり、
血統もそこそこ良いんですが、
子供の成績が良くなく、
これまではロードプレミアムの2勝(条件馬)が最高でしたので、
仔出しが悪いイメージがありました。

また『価格』についてですが、
庭先取引で購入したようで、
ダノンプレミアムの購入価格は公表されていませんでした。

スポンサーリンク


ダノンプレミアムの馬主


http://ryo-tnk.blog.so-net.ne.jp/2015-07-14

馬主であるダノックスは
株式会社オービック代表取締役会長兼社長である野田順弘さんの
資産管理会社である株式会社ダノックスです。

過去にはダノンシャンティ、ダノンシャーク、ダノンプラチナなどのG1馬を所持しています。

まとめ


http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=134041

ダノンプレミアム一強と言われていた皐月賞G1ですが、
回避した事によって一気に混戦ムードとなってしまいました。

非常に残念ではありますが、
大きなけがではなく、既に回復しているとのことですので、
日本ダービーG1では元気な姿を見せてくれると思います。

良血良馬のダノンプレミアムの今後に注目ですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする