上野動物園 パンダのシンシンが5年ぶりに出産

上野動物園 パンダのシンシンが5年ぶりに出産


http://news.mynavi.jp/news/2013/03/06/230/

6月12日に上野動物園でジャイアントパンダのシンシンが

2012年7月以来、約5年ぶりに出産しました。

<スポンサーリンク>



シンシンは2月27日にオスの「リーリー」と2013年以来の交尾行動が確認され、

その後、妊娠の兆候・変化が現れたため、5月25日から公開を中止ししていました。

公式サイトでは「6月12日明け方から、陰部をなめる行動が頻繁に見られるようになり、

10時57分に破水、11時52分に子どもの声を確認しました。

その後、12時38分に1頭の子どもの姿をモニターを通じて職員が確認しました」と

説明しました。

またパンダは乳児期の死亡率が5割といわれ、

シンシンは2012年7月5日にもリーリーとの間に自然交配で雄1頭を出産していましたが

生まれた赤ちゃんは肺炎によって6日後に死んでいます。

その後2013年にも自然交配し、妊娠の兆候を示したようですが、

実際には妊娠していない「偽妊娠」だったそうです。

パンダは、乳児期の死亡率が5割と言われている為、

同園は慎重にシンシンと赤ちゃんの様子を見守っているようです。

最初の出産で誕生した子供は、

残念ながら肺炎で亡くなってしまいましたので、

今回は元気に育ってほしいですよね。

まだ性別や健康状態などの詳しい事は分かっていませんが

どうか無事に成長して大人になってほしいですよね。

<スポンサーリンク>




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする